ここから本文です

トヨタ「サイオン」ブランド13年間に幕、「86」の兄弟車、サイオン「FR-S」が消滅した理由

オートックワン 8月2日(火)19時51分配信

ついに13年間の歴史に幕が下りたあっと言う間の13年間

トヨタがアメリカで2003年から展開してきた、「サイオン」が2016年7月31日に消滅した。

13年で終焉を迎えた「サイオンブランド」(画像38枚)

現地8月1日の時点で、サイオンのオフィシャルウェブサイトは継続しているが、サイオンブランドとしての販売は終了した。2017年モデル(2016年夏発売)ついては、トヨタへ「リ・バッチ(ネームバッチの変更)」が行われ、2017年以降は一部のモデルが廃止される。

具体的には、2ドアの「tC」が8月生産でモデル消滅し、小型セダン「iA」、5ドアハッチバックの「iM」はトヨタ車となる。そして「FR-S」は、日本での「86」及びスバル「BRZ」の大幅改良を受けて、2016年秋からアメリカで、トヨタ「86」として再デビューを果たす。

今回のサイオン廃止について、トヨタは若い年齢層に対するブランド戦略の見直しを示唆した。サイオンは13年間に、合計8モデルを投入し、2015年末までの総販売台数が109万2675台に達した。そのうち約70%がトヨタ車の初購入者であり、また約50%が35歳以下と、当初の目的だった若い年齢層の呼び込みが成功したといえる。

だが、伸び悩みが続いた販売を立て直すことは難しかった。導入開始の4年目には、年間17万台を超えたが、リーマンショック以降は低迷が続き、2015年に新モデル「iA」「iM」を投入するも販売数は前年比でマイナスとなった。

トヨタとしては「そろそろ潮時」という判断なのだろう。店じまいをサイオンのブランドイメージカーだった「86(FR-S)」の大幅改良のタイミングに合わせてきた、といえる。

サイオンが生まれる4~5年程前の90年代後半、アメリカに「スポコン(スポーツコンパクト)」ブームが到来した。主役は、ホンダ「シビック」などのホンダ車だった。

なぜ、ホンダ車なのかというと、80年代~90年代中盤に販売されたホンダ車が、西海岸の家庭で「子どもへの、おさがり」となり、それを使った「遊び」が流行ったのだ。

最初は、「ショー」と呼ばれる展示会で、ローダウンやエアロパーツによる演出が流行した。その流れが、ストリートドラッグレースとなり、さらに独自のドラッグレースシリーズを開催する団体が設立された。

参加車両は、ホンダのFF車を中核に、日産「240SX(シルビア)」、「GT-R」、トヨタ「80スープラ」などに及んだ。

こうしたトレンドに、ハリウッドの映画関係者が目を付けた。それが「ファースト&フューリアス(邦題:ワイルドスピード)」だ。

筆者は、同一作の現地撮影にも直接関与したが、低予算で無名の俳優ばかりだったため、まさかあれほど大ヒットするとは、制作関係者一同、まったく予想していなかった。しかも、現在に至る人気シリーズに大化けするとは…。

1/2ページ

最終更新:8月3日(水)18時19分

オートックワン