ここから本文です

苦肉の策か、俊敏な対応か。スズキが国内で輸出車を増産

ニュースイッチ 8月2日(火)19時0分配信

燃費測定不正で国内販売に影響。新型「イグニス」「スイフト」で生産を下支え

 スズキは国内で輸出向け小型車を増産する。小型クロスオーバー車「イグニス」の輸出向けを8月中に、新型「スイフト」の輸出向けを2017年1月をめどに生産開始する。いずれも相良工場(静岡県牧之原市)で生産する。新型スイフトは燃費測定不正の影響で国内投入が計画より遅れる見通し。海外向けを計画通り増産することで国内生産を支え、世界販売への影響を最小限にとどめる考えだ。

 イグニスは日本で集中生産して海外に輸出する世界戦略車。国内では2月に市場投入した。輸出は欧州やインド向けを中心に、月産3000台程度を計画する。

 一方、スイフトは当初、秋頃に全面改良して国内市場に投入した後、17年初めから輸出向けを生産する予定だった。しかし燃費不正の影響で、国内での新型車の発売時期が17年2月以降に遅れることが確実となり、輸出向けを先行して供給する。国内での販売計画のある世界戦略車で、輸出を先行するケースは業界でも珍しい。

最終更新:8月2日(火)19時0分

ニュースイッチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]