ここから本文です

香港に台風4号が接近、空の便などに大きな乱れ 証取も休場に

AFPBB News 8/2(火) 15:07配信

(c)AFPBB News

【8月2日 AFP】台風4号(ニーダ)が2日、香港(Hong Kong)に接近し、暴風雨の影響で数百便規模の欠航が出ているほか、株式市場は取引を停止、学校や企業も休みになるなど都市機能がまひする事態に陥っている。中国南部に上陸するものとしては三十数年ぶりの規模とされるこの台風は西北西に進んでおり、本土側でも厳戒態勢が取られている。

 台風4号は最大風速が約42メートルに達し、1日夜から2日朝にかけて激しい雨を降らせた。香港当局は洪水や土砂崩れに警戒を呼び掛けている。

 2日朝にはバスや鉄道がごく一部を除いて運休。学校は臨時休校、労働者は自宅待機となり、通りからは人の姿が消えた。

 香港国際空港(Hong Kong International Airport)の広報担当者によると、通常なら1日1100便が発着するところ、2日午前6時~午後6時(日本時間同午前7時~午後7時)に発着するのはわずか200便にとどまる見通しだ。

 1日も150便以上が欠航し、足止めされた乗客が出発ロビーの床の上で睡眠をとる姿も見られた。

 香港取引所は、台風の警戒レベルが上から3番目に強い「シグナル8」になったことを受けて2日午前の取引を停止した。

 中国の南部一帯も台風4号の上陸に備えており、広東(Guangdong)省広州(Guangzhou)市は史上初となる「赤」の暴風雨警報を発令した。

 台風の予想進路に当てはまる地域の住民には、3日分の食料や必需品の準備が指示されている。中国国営の新華社(Xinhua)通信は地元当局者の話として、台風4号は「(中国南部の)珠江デルタ(Pearl River Delta)を直撃する台風としては1983年以降で最大のものとなり、甚大な洪水をもたらすだろう」と伝えている。(c)AFPBB News

最終更新:8/2(火) 16:33

AFPBB News