ここから本文です

今季はイングランドの頂点決めるだけじゃない! 名将が集う戦いにヴェンゲル「世界選手権のよう」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月2日(火)11時20分配信

名将同士の戦いに

今季のプレミアリーグにはマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ、チェルシーのアントニオ・コンテ、リヴァプールのユルゲン・クロップ、レスター・シティのクラウディオ・ラニエリ、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ、そしてアーセナルのアーセン・ヴェンゲルとトップクラスの指揮官が多く揃っている。選手たちの戦い以上に指揮官同士の争いに注目しているファンもいるだろう。

英『Daily Mirror』によると、ヴェンゲルもあまりに豪華すぎる戦いを楽しみにしている。ヴェンゲルはもはや指揮官の頂点を決めるようなリーグになっていると感じているようで、今季がより面白いものになりそうだとコメントした。

「今季は素晴らしいね。少しばかり世界選手権のようになっている。全てのベストな指揮官がイングランドにやってきて、いっそう難しくなっているからね。よりクオリティのある指揮官が集まり、面白くなるだろう。外部からも興味を持たれるはずだね」

ヴェンゲル率いるアーセナルも今季こそは優勝を狙いたいところだが、まずは開幕からのハードすぎる2試合を乗り切らなければならない。アーセナルは開幕戦でリヴァプールと対戦し、第2節では昨季王者レスターとの対戦が予定されている。ヴェンゲルはこの2試合が強力なテストになるとコメントしているが、連敗スタートで世界選手権から乗り遅れる展開は避けたいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月2日(火)11時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。