ここから本文です

西武大石が激白、どん底からの“復活”「余裕はない。結果を残すしかない」

Full-Count 8/2(火) 14:03配信

昨年は3試合登板も今季は復調、「なぜ抑えられているかは分からない」

 2010年のドラフト会議で6球団競合の末、埼玉西武ライオンズに入団した大石達也投手。一昨年は1軍での登板はなく、昨年の登板は3試合のみ。しかし、6年目の今季はここまで18試合に登板し、防御率1.76と復調の兆しを見せている。

過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

 今季は5月18日に1軍初昇格。2試合無失点で同30日に1度は抹消となったが、6月12日に再昇格し、抹消前の2試合を含めて14試合連続無失点と好投を続けた。7月19日のロッテ戦では2点リードの1死満塁という厳しい場面で登板し、井口に逆転満塁弾を被弾。鈴木にも2ランを浴びて3失点と乱れたが、その後の4試合では計4回2/3イニングを1安打無失点6奪三振と再び結果を残している。

 早大時代には剛速球を武器に圧倒的な投球を見せ、鳴り物入りで西武に入団。しかし、プロでは思うような結果を残せてこなかった。早大時代は抑えとして活躍したものの、入団当初に先発転向に挑戦し、調子を崩した影響も小さくなかった。もがき苦しんできた右腕は今季、なぜ結果を残せているのか。好調の理由や、1軍のマウンドに上がれなかった時の思いを聞いた。

――今シーズン好調の要因はどんなところだとお考えですか?

「指のかかりが例年に比べていいです。相手が打ち損じてくれているだけというところもありますし、対戦も少なく、自分のデータが相手にあまりないということもあると思うので、なぜ抑えられているかはわかりません」

――投げているボールが去年までと違うと感じる部分はどこですか?

「球の回転、かかりが良く、今年は真っ直ぐに強さがあると思います。去年も140キロは出ていましたが、今年の140キロと去年の140キロは球の勢いが全然違うと思います。スピードにはこだわりたいですが、頑張っても出ないので、今は強い球でバッターに差し込めるような真っ直ぐを求めてやっています。その中でもスピードは出したいです。常時140キロ中頃は出したいと思っています。そうすればマックスは150くらいまでいくかなと思っています」

――スピードを追い求めるために大切だと考えるのはどこでしょうか?

「筋力的には大学時代よりも今のほうがついていると思うので、やはりフォームのタイミングが要因だと思います。今シーズンは体重移動がうまくできていて、上半身と下半身のタイミングが合ってきたことで、球の強さにつながってきていると思います。体重移動はずっとやってきたことなんですけど、今年のキャンプで、森慎二投手コーチとトレーニングをやってきて、それがやっと自分のものになってきたと思います」

1/3ページ

最終更新:8/2(火) 15:24

Full-Count