ここから本文です

四面楚歌のドイツ代表FWを古巣SDが擁護「彼は正直な男」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月2日(火)12時30分配信

周囲から厄介者扱いをされるが

ヴォルフスブルクに所属するドイツ代表FWマックス・クルーゼに救いの手を差し出す人物が現れた。

昨夏、ボルシアMGから1200万ユーロでヴォルフスブルクへと加入したクルーゼ。しかし、32試合でわずか6ゴールと期待に応えたとは言い難い。また、スポーツ面以外の素行を問題視されており、EURO2016のメンバーにも落選している。そんな同選手をクラブも手放したいと考えており、現在移籍先を探している真っ最中だ。

周囲に厄介者扱いされているクルーゼだが、古巣のボルシアMGでSDを務めるマックス・エベール氏は独『Kicker』で「彼が批判を受け、角に立たされているのは正しくないよ。私にとって彼は正直な男で、素晴らしい選手のままだ」と擁護している。

コメントでクルーゼに手を差し伸べたボルシアMGだが、元エースを再獲得する可能性はあるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月2日(火)12時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。