ここから本文です

巨人が“天敵”若松に猛攻、4回に4点奪取

Full-Count 8月2日(火)19時16分配信

6安打で4得点

 巨人打線が2日の中日戦(ナゴヤドーム)で天敵・若松駿太へ猛攻を浴びせた。

 4回。先頭・坂本が四球を選び無死一塁。まずは4番・阿部が外角直球を捉える先制の左中間適時二塁打を放った。村田も左前安打でつなぐと、ギャレットの中前適時打で2点目。続く脇谷の打球は右中間へ。二塁走者・村田に続き、一塁走者・ギャレットも生還する2点二塁打となった。

 2死から投手の今村、長野と2者連続で中前安打を放ち、6安打4得点。若松の真っすぐは120キロ台を計測するなど明らかに不調だったが、試合前まで2戦2敗、防御率1.69と苦戦していた右腕を完全攻略した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月2日(火)19時16分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]