ここから本文です

[移籍]吉田所属のサウサンプトン、クリスタル・パレスから元U-21イングランド代表GK獲得

theWORLD(ザ・ワールド) 8月2日(火)16時20分配信

身を落ち着かせられるか

日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは1日、クリスタル・パレスから元U-21イングランド代表GKアレックス・マッカーシーを獲得したことを発表した。契約期間は3年となっている。

マッカーシーは、U-21イングランド代表でのプレイ経験を持つ。クラブでは8度のレンタルを経て、2014年にQPRへ加入した。しかし、新天地ではあまり出場機会に恵まれず、翌年に4年契約でクリスタル・パレスへ移籍。同クラブでも定位置を確保できず、今回の移籍が実現したようだ。

マッカーシーはクラブの公式サイトを通じて「僕はサウサンプトンへ加入できて幸せだ。ヨーロッパリーグへの出場も楽しみだし、チームメイトと一緒に戦えるのを心待ちにしているよ」と喜びと意気込みを語った。

今年の12月に27歳の誕生日を迎えるマッカーシーだが、所属クラブで結果を残し、そろそろ身を落ち着かせたいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月2日(火)16時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。