ここから本文です

SB武田、8回2失点の力投でパトップタイ11勝目 チームは連敗2で止める

Full-Count 8/2(火) 20:51配信

自身、西武戦11連勝

 ソフトバンクの武田翔太投手が2日の西武戦(西武プリンスドーム)で先発。8回4安打2失点で自身、西武戦11連勝。同僚の和田に並ぶリーグトップタイの11勝目(4敗)を挙げた。

 初回から2イニング連続3者凡退。1点リードの3回は先頭・渡辺の右翼線三塁打を許したが、後続を打ち取った。5点リードの6回に森に右越え2ランを浴びたものの、失点はこれだけ。8回7奪三振、100球とテンポも良かった。

 チームは9番に降格した今宮が3回2死で左越え8号ソロを放ち先制。6回に四球を挟んで4連打で4点を奪った。西武のエース岸を6回5失点でKO。6-2で快勝し、連敗を2で止めた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/2(火) 20:51

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]