ここから本文です

アーセナルはマフレズの移籍金をFW獲得に回すべき 右サイドでチェンバレン大爆発

theWORLD(ザ・ワールド) 8/2(火) 17:50配信

驚異のドリブル突破&ループシュート見せる

今夏のアーセナルにはワールドクラスのストライカーとセンターバックの獲得が求められているが、ここ数日はサイドを主戦場とするレスター・シティMFリヤド・マフレズの獲得案が話題に上がっている。マフレズが加入すれば攻撃の質は上がるはずだが、それに待ったをかける選手が現れた。

それは22歳のアレックス・オックスレイド・チェンバレンだ。チェンバレンは怪我なども多く評価しづらい選手だが、ここまでプレシーズンマッチでは最高の働きを見せている。先日のチーバス戦では右サイドからドリブルで相手DF2人を抜き去り、左足でゴールを決め、7月のRCランス戦では見事なループシュートを決めている。

指揮官のアーセン・ヴェンゲルもチェンバレンのクオリティは認めており、同選手について次のように述べている。

「彼はチームにパワー、突破力を与えてくれる。彼は全てを持った選手だ。だが、恐らく彼は自分が何をできるのか完璧に信じることができていない。それが彼にとって最後のステップだろう」

チェンバレンは今夏のEURO2016も怪我で参加せず、どこかブレイクしきれない選手だ。しかしまだ22歳と若く、着実に成長しているのは間違いない。英『METRO』は右サイドはチェンバレン、あるいはアーロン・ラムジーらを信じ、マフレズへの移籍金はワールドクラスのストライカー獲得へと回すべきではないかと提案している。

チェンバレンが現在の調子を維持してくれればマフレズ以上の輝きを放つことも不可能ではなく、マフレズ獲得が22歳の成長を妨げることになるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/2(火) 17:50

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報