ここから本文です

広島新井300号、巨人4連勝、燕7連敗、ホークス武田トップタイ11勝目…2日プロ野球

Full-Count 8/2(火) 23:18配信

阪神3連勝、楽天銀次サヨナラ打、オリ西10敗目

 プロ野球は2日、各地で6試合が行われた。

 セ・リーグでは首位・広島がヤクルトに16-4で大勝し2連勝。新井が2回無死一塁で石川から先制13号2ラン。史上42人目の通算300号本塁打を達成した。3回はルナの右前適時打、新井の右犠飛で2点。5回は鈴木の右翼線2点三塁打、下水流の5号2ランで4点。8回には田中が12号2ラン、鈴木の左中間2点二塁打、代打・岩本の中前2点打で一挙6点。チームは3試合連続2桁17安打で16点を奪った。捕手・石原が初回の守りでファウルした後のバレンティンのバットを頭頂部に受けて途中交代。ヤクルトは石川が5回8失点で6敗目。チームは7連敗となった。

2016年 セ・リーグ&パ・リーグ 順位表

 2位の巨人は中日に7-2で下し4連勝。4回、阿部の先制の左中間適時二塁打、ギャレットの中前適時打、脇谷の右中間2点二塁打で今季2戦2敗の天敵・若松から6安打4点。5番・村田は6回にダメ押しの右中間適時二塁打を放つなど3安打3打点。3試合連続2桁安打となる14安打で7点を奪った。投げては今村が5回4安打2失点。5月14日のヤクルト戦(東京ドーム)以来の3勝目を挙げた。中日は若松が8安打4失点で今季最短タイ4回KO。8敗目を喫した。チームは3連敗となった。

 阪神はDeNAを6-2で下して3連勝。1点を追う7回、ゴメスの左前適時打で追いつき、続く代打・鳥谷の右前適時打で勝ち越した。8回に後藤Gの右越えソロで追いつかれたが、9回に山崎康から高山が勝ち越しの押し出し四球。大和の右前2点打などで4点を奪って突き放した。3位・DeNAは3回以降、打線がつながらず連敗。2位・巨人と3ゲーム差に広がった。

 パ・リーグでは首位・ソフトバンクが6-2で快勝。2位・日本ハムと4ゲーム差に広げた。先発の武田が8回4安打2失点で西武戦11連勝。同僚の和田に並ぶリーグトップタイの11勝目(4敗)を挙げた。打線は3回に9番に降格した今宮の左越え8号ソロで先制。6回に四球を挟んで4連打で4点を奪った。西武はエース岸が6回5失点KOで6敗目。チームは2連敗。

 2位・日本ハムはロッテに3-4で惜敗。首位・ソフトバンクと4ゲーム差に広がった。先発のメンドーサが初回に角中に右翼ポール際へ先制3ランを被弾。2回にレアードがリーグトップタイの27号ソロを放ち、3点差に広がった6回は中田の左前適時打、レアードの中犠飛で1点差まで迫ったが、あと1点が遠かった。3位・ロッテは先発のスタンリッジが6回途中3失点で6勝目。逃げ切り勝ちで2連勝とした。

 楽天はオリックスに2-1でサヨナラ勝ち。同点の9回1死満塁、銀次が右前へ今季初、自身2度目のサヨナラ打を放った。3番手・ミコライオが3勝目。オリックスは先発の西が132球を投げて9回途中2失点と力投したものの、両リーグワースト10敗目を喫した。

【セ・リーグ】
◇ヤクルト 4-16 広島(神宮)
勝 ジョンソン 10勝6敗
敗 石川 5勝6敗
HR【広】新井13号、下水流5号、田中12号、【ヤ】西田5号、バレンティン20号

◇DeNA 2-6 阪神(横浜)
勝 岩貞 5勝7敗
敗 山崎康 2勝3敗
HR【De】後藤1号

◇中日 2-7 巨人(ナゴヤドーム)
勝 今村 3勝3敗
敗 若松 7勝8敗

【パ・リーグ】
◇楽天 ×2-1 オリックス(Koboスタ宮城)
勝 ミコライオ 3勝1敗
敗 西 6勝10敗

◇西武 2-6 ソフトバンク(西武プリンス)
勝 武田 11勝4敗
敗 岸 4勝6敗
HR【ソ】今宮8号、【西】森6号

◇ロッテ 4-3 日本ハム(QVCマリン)
勝 スタンリッジ 6勝5敗
敗 メンドーサ 7勝5敗
S 益田 5セーブ
HR【日】レアード27号、【ロ】角中5号

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/2(火) 23:27

Full-Count

なぜ今? 首相主導の働き方改革