ここから本文です

資金調達へマルディーニ氏の後継者売却も デ・シリオ代理人「ナポリとコンタクトを取った」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月2日(火)18時5分配信

国外のクラブも興味示す

FWカルロス・バッカの売却益で補強に動くと予想されていた今夏のミランだが、バッカ売却はスムーズに進んでいない。ウェストハムが継続的にバッカ獲得を狙っているものの、バッカはチャンピオンズリーグ出場権のあるクラブを求めていることもあってウェストハム行きを嫌がっている。

そこで浮上したのがDFマッティア・デ・シリオだ。デ・シリオはクラブのレジェンドであるパオロ・マルディーニ氏の後継者的存在と言われていたが、資金調達のために売却される可能性も出てきた。デ・シリオは今夏フランスで開催されたEURO2016にもイタリア代表として出場しており、高い評価を得ている。

伊『Gazzetta dello Sport』によると、デ・シリオの代理人は「複数のクラブが興味を示している。彼はイタリア国内、さらには国外からもとても高く評価されていて、我々はナポリとコンタクトを取った」とコメントしている。

リヴァプールやナポリといったクラブがデ・シリオに興味を示しているようだが、ミランの象徴的存在になることが期待された23歳のサイドバックは今夏ミランを離れるのか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月2日(火)18時5分

theWORLD(ザ・ワールド)