ここから本文です

勘九郎主演の「真田十勇士」、大阪版ポスターをお披露目

Lmaga.jp 8月2日(火)6時0分配信

今秋、歌舞伎役者・中村勘九郎が主演をつとめる、映画と舞台が同時期に公開&上演されるダブル・プロジェクト『真田十勇士』。その映画の大阪版ポスタービジュアルが完成、8月2日から大阪環状線をはじめとするJR西日本の主要路線にて掲出される。

甲子園での始球式をおこなった中村勘九郎

すでに出回っている映画のメインポスターは、中村勘九郎演じる猿飛佐助ら十勇士の背後に、ダースベイダーのような徳川家康を配したものだが、この大阪版では本作が撮影された大阪城をバックに差し替え。真田幸村ゆかりの地である大阪と、大坂冬の陣・夏の陣をイメージさせる、ご当地感を強く打ち出したものとなっている。

ポスターの掲出期間は8月22日まで。大阪環状線、JR京都線、JR神戸線、大和路線など、普通列車全車両で計5,600枚が掲出される。映画は「大阪ステーションシティシネマ」ほかで9月22日から公開、舞台は「兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール」で10月14日~23日に上演される。

最終更新:8月2日(火)6時0分

Lmaga.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。