ここから本文です

NMB48山本彩/AKB48横山由依/グラドル稲村亜美ほか“野球美女”多数登場『甲子園2016』

Billboard Japan 8月2日(火)15時10分配信

 毎年恒例、甲子園代表校49校のデータを網羅した観戦ガイド、週刊朝日増刊『甲子園2016』が、2016年8月2日に発売となった。

『甲子園2016』誌面

 本誌は、地方大会のチーム、個人成績、監督の横顔を完全紹介する人気増刊。特集ページには、甲子園から生まれたヒーロー、オコエ瑠偉(関東一/東北楽天ゴールデンイーグルス) 、小笠原慎之介(東海大相模/中日ドラゴンズ)、高山俊(日大三/阪神タイガース)の独占インタビューを掲載。そのほか、球史に名を刻む伝統校、名監督が教え子に託した言葉、伝説の地方大会決勝で敗れた者たち、あのPL学園黄金期を支えた名将・中村順司元監督が選ぶ名試合など、高校野球好きも納得の充実のラインナップとなっている。

 さらに今年は甲子園を彩る“野球女子”たちのグラビアも多数掲載。『熱闘甲子園』のテーマソングを歌うAKB48からは、大の高校野球ファンである山本彩と横山由依が登場。思い出の甲子園ヒーローを紹介するほか、今年の選手たちへの直筆応援メッセージを誌面で送る。また、話題の“美人すぎるプロ野球選手”加藤優、“神スイング”稲村亜美の2大野球美女のグラビアも掲載。そして8月20日に公開される青春野球映画『青空エール』からは、主演の土屋太鳳、竹内涼真が登場し、高校野球の魅力を熱く語る。



◎雑誌『甲子園2016』
2016/08/02 PUBLISH
定価:500円(税込)

最終更新:8月2日(火)15時10分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。