ここから本文です

アニマル浜口「気合いだ!レゴだ!」 子供相手に気合連発 SWイベントに登場

クランクイン! 8月2日(火)13時30分配信

 「夏休みに親子で観よう『スター・ウォーズ』シリーズ!」イベントが2日、二子玉川のショッピングセンターで行われた。本イベントは50人の子供たちが集まり、レゴブロックで『スター・ウォーズ』に登場するキャラクター「R2‐D2」を協力して作るというもの。応援にはアニマル浜口も駆けつけ、子供相手にも愛ある「気合いだ!」を連発していた。

【関連】レゴブロックで『SW』キャラクターを作る子供たちとアニマル浜口<フォトギャラリー>


 『スター・ウォーズ』シリーズの最新作2本がレゴになった、『LEGO スター・ウォーズ/ドロイド・テイルズ』と『LEGO スター・ウォーズ/ニュー・ヨーダ・クロニクル』の発売と、現在発売中の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』MovieNEXの大好評を記念して行われた本イベント。総勢50人の小学生が2メートル50センチの巨大なR2‐D2をレゴブロックで制作するという一大企画となっている。なお、巨大R2‐D2のお披露目は日本初となる。

 この日、朝9時前から集まった子供たちはすでに気合い十分。もちろん、パパママもぐるっと子供の周りを取り囲み、レゴ作りを応援した。ムシムシした気温の中始まった外イベントとあって、暑さとも格闘しながら、集中して作業を進める子供たちの姿が印象的で、子供の姿を見守るママにイベント参加の経緯を尋ねたところ「とにかく、子供がレゴと『スター・ウォーズ』が大好きなんですよ。イベントのことを話したら行きたいと騒いじゃって」とのこと。親子でレゴを楽しんでいる様子を教えてくれた。

 そんな子供たちの熱気の渦の中、さらなるやる気に満ち溢れてやってきたアニマル浜口。「楽しいかー?順調かー?」と優しい口調で子供たちに発破をかけ、「よーし、やるぞ!」といつものように「気合いだ!気合いだ!…気合いだー!」と連発。続けざまに「レゴだ!」「夢中だ!」など言葉を変えて、子供たちと一緒に叫んでいた。中には恥ずかしがったり、レゴに集中してアニマル浜口そっちのけの子供もいたが、意に介さない様子のアニマル浜口は、「19歳のときに世界チャンピオンになったんだ、やればできる!」と、巨大R2‐D2の完成を前に必死に応援していた。

 『LEGO スター・ウォーズ/ドロイド・テイルズ』『LEGO スター・ウォーズ/ニュー・ヨーダ・クロニクル』は、8月10日よりDVD発売&デジタル配信開始。また、レンタルも同時スタート。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』MovieNEXは好評発売中。

最終更新:8月2日(火)13時30分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。