ここから本文です

58歳のシャロン・ストーン、圧巻のビキニ姿を公開 スッピン&美ボディに反響

クランクイン! 8月2日(火)14時0分配信

 1990年代の映画『氷の微笑』や『硝子の搭』などで一世を風靡し、セックスシンボルとなった女優シャロン・ストーンが、自身のインスタグラムにキリンの柄が入ったビキニ姿の写真を投稿。58歳になっても変わらない美ボディを見せつけた。

【関連】「シャロン・ストーン」フォトギャラリー


 写真のシャロンはスッピン顔に満面の笑みを浮かべ、プールの階段に脚をかけてポーズ。キャプションには「今日はとても暑いわ!」とシンプルに綴っている。

 PeopleやJustJaredなどの海外メディアはこぞって、以前と変わらない美しい体型を維持しているシャロンを絶賛し、写真を見たフォロワーなどからは「永遠の若さね」「ヴィーナスのようだ」「とてもステキ。その勢いよ」「今でも素晴らしい外見ね」「ゴージャス」「彼女の時間は止まっている!素晴らしいわ」といった感嘆の声や称賛の声が寄せられている。

 Peopleとのインタビューでは、56歳の時に「また32歳になった気分」と語っていたというシャロン。フィットネス誌などでも若さに固執した既存の美の概念に囚われるのではなく、優雅に年を重ねることに気を遣うようになったと述べていたが、それから2年後、変わらずに生き生きした生活を送っているようだ。

最終更新:8月2日(火)15時21分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。