ここから本文です

『エクソシスト』TVドラマ版ポスター解禁!名シーンを彷彿させる“首回転”の恐怖再び

クランクイン! 8月2日(火)19時30分配信

 全米で9月23日(現地時間)の初放送に先駆け、米Fox局が『エクソシスト』テレビドラマ版のポスターを公開。女性の顔が回転し、背中側の方を向いているポスターは、1973年の映画版『エクソシスト』でリンダ・ブレアが演じた、悪魔に取り憑かれた少女リーガンの首が真後ろに向く姿を彷彿させる。

【関連】映画版『エクソシスト』フォトギャラリー


 ゾンビやヴァンパイアといったジャンルホラーが流行っている中、「エクソシズム」という古典的なホラーに回帰することになる『エクソシスト』テレビ版。進歩的で熱心な若きトーマス・オルテガ神父と悪魔退治を聖なる任務として全うしようとする強硬派のマーカス・ブレナン神父が衝突しながら手を組み、人間の心と体を蝕む悪魔や悪霊に迫る。

 ポスターに写っている女性が何者かは不明だが、荒れた部屋の床に座り、顔が真後ろに向いている姿は懐かしさと共にテレビ版への期待感を掻き立てる。パイロット版のあらすじでは、悪魔の存在に脅かされる一家の中に、部屋から出ることを拒否するキャサリンという娘と、壁の中から声が聞こえると訴えるキャサリンの妹ケイシーが登場するという。

 恐怖度が増していく悪夢を毎晩見るという母親アンジェラ役は、映画『テルマ&ルイーズ』(91)や『ロング・キス・グッドナイト』(97)などの女優ジーナ・デイヴィスが演じる。

最終更新:8月2日(火)19時30分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。