ここから本文です

【侍ジャパン】メジャーリーガーは「全員会う」…小久保監督が語った選手選考

ベースボールキング 8月2日(火)18時45分配信

「世界一奪還」をめざす

 いよいよ2017年3月に迫った「第4回ワールドベースボールクラシック」。2日に行われた記者会見では1次ラウンドおよび2次ラウンドの東京プール開催が発表され、大会の詳細が発表された。

 記者会見には、侍ジャパンの小久保裕紀監督をはじめ、NPBの熊﨑勝彦コミッショナーとWBC INC.アジア代表のジム・スモール氏が出席。小久保監督と熊﨑コミッショナーは、「世界一の奪還」が最終的な目標であることを強調した。

8月中に渡米し直接交渉へ

 代表チームを作るとなると、気になるのはメンバー選考だ。

 「世界一を奪還するしかないという思いでやってきました。その目標を達成できるように準備をしていきたいと思います」と抱負を語った小久保監督。

 8月中には渡米して日本人メジャーリーガーや球団と話し合うこと、そこにはイチロー(マリナーズ)や田沢(レッドソックス)といった選手も含まれていることも明かしている。

 「WBCは世界のトップたちが集まる世界一を決める大会なので、その中に身を置いて戦っている選手たちの必要性は感じていますが、選手個々の問題もあります。その辺りも含め、来週中にはアメリカで話を詰めてきたいと思っています。」


 現在メジャー通算3000安打への挑戦がつづいているイチローについても、「会うアポイントはとっているので、直接会って話をしてこようと思っています」と語る。

 NPBの熊崎コミッショナーも「どのようなチームにするのかは、監督が最善の判断を下してくれると確信している」と前置きしたうえで、「私の気持ちとしては、日本人メジャーリーガーにも参加してもらいたいと思っています。そのために我々としても最善の努力をしていきたいと思います」と協力することを約束した。

メジャーリーガーは「全員と会う」

 また、今年11月に行われる強化試合の位置づけについては、「本番までに集まれる最後の機会なので、本番に呼ぶであろうメンバーを中心に編成したい」とコメント。

 最終的には、招集したことのない選手や常連選手との「コミュニケーション、チームとしての輪、結束という面」を考慮することも明かした。

 その時点でのメジャーリーガーの招集に関しても、「投手に関しては難しいと思いますが、本人や球団と話をして確認してからになるかなと思います」と語り、招集自体には前向き。

 このあと渡米した際に「メジャーリーガー全員と会う予定」としており、“最強ジャパン”結成に向けて全力を尽くす構えだ。

1/2ページ

最終更新:8月2日(火)18時45分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。