ここから本文です

夏休みは「タダ湯めぐり」 加賀市が19~22歳対象に

北國新聞社 8/2(火) 2:56配信

 加賀市が19~22歳を対象に市内3温泉の総湯の入浴を無料にする「タダ湯めぐり」が1日始まった。2年目を迎える今回は市内在住者も対象に加え、訪れた若者が湯を満喫するとともに、温泉が生活に根づいた魅力的な地域であることに理解を深めた。

 仲間で温泉旅行に行く機会が増える年代に焦点を当て、リピーター獲得と観光消費額増加を狙う。学生の夏休みに合わせ、9月30日まで毎日行う。

 実施するのは山代温泉の総湯と古総湯、片山津温泉総湯、山中温泉の菊の湯第1、同第2の計5カ所で、身分証明書を出せば無料で何度でも入浴できる。一部の旅館は若者限定の宿泊プランを設け、料金割引などのサービスも用意する。

 昨年度は8、9月の第1弾で2401人、2、3月の第2弾で4324人の市外在住者が制度を利用した。3380人が回答したアンケートによると、77%が総湯を初めて利用し、33%が制度をきっかけに来訪した。94%が再訪したいと答えており、市は一定の効果があったとみている。

北國新聞社

最終更新:8/2(火) 2:56

北國新聞社