ここから本文です

ヤヌザイに加えてフェライニも…モイーズ監督、古巣マンUから引き抜き狙う

SOCCER KING 8月2日(火)9時40分配信

 サンダーランドの指揮官に就任したデイヴィッド・モイーズ監督が、古巣マンチェスター・Uの2選手を補強ターゲットに据えているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が8月1日に報じている。

 モイーズ監督は7月23日にサンダーランドの指揮官就任が決定。新天地での最初の10日間を終え、新シーズンに向けた準備を進めている。報道によると同監督は、自身の古巣であるマンチェスター・Uに所属する2選手、ベルギー代表MFマルアン・フェライニと同MFアドナン・ヤヌザイの獲得を希望しているようだ。

 ヤヌザイについては7月24日付のイギリス紙『デイリーメール』がモイーズ監督からの関心を報道。同監督がマンチェスター・Uへ1年間のレンタル移籍を打診し、容認される見込みと伝えられていた。

 そして今回の報道では、ヤヌザイに加えてフェライニへの関心も伝えられた。モイーズ監督とサンダーランドのマーティン・ベインCEOが、両選手への興味を認めたという。同監督は「我々は(両選手に)興味を持っている。ただ、他のクラブからも誘いがあるはずだ。そう確信しているよ」とコメント。争奪戦を覚悟しているようだ。

 ヤヌザイは1995年生まれの21歳。マンチェスター・Uの下部組織出身で、2013-14シーズンにモイーズ監督の下でトップチームデビューを果たした。2014-15シーズンは背番号を「11」に変更したものの、プレミアリーグで18試合出場にとどまった。昨年夏にはドルトムントへのレンタル移籍が決定。ブンデスリーガ初挑戦となったが、出場機会に恵まれずに今年1月、マンチェスター・Uへ復帰した。なお、7月21日に発表された暫定背番号リストで「15」への変更が明らかになっている。

 フェライニは1987年生まれの29歳。スタンダール・リエージュの下部組織出身で、2006年にトップチームへ昇格した。2007年にはベルギー代表としてもデビューを果たし、翌2008年夏にエヴァートンへ移籍。モイーズ監督の下で中心選手として活躍した。2013年夏には同監督の後を追う形でマンチェスター・Uへ移籍。昨シーズンはプレミアリーグで18試合出場1ゴールを記録した。

SOCCER KING

最終更新:8月2日(火)9時40分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合