ここから本文です

5回目を迎えたインハイ女子サッカー…藤枝順心が岡山県作陽を下して初優勝

SOCCER KING 8月2日(火)12時57分配信

 平成28年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会(インターハイ)女子決勝が2日に行われ、藤枝順心高校(東海1)と岡山県作陽高校(中国)が対戦した。

 全国各地域の代表16チームが参加する同大会。5年連続5回目の出場となった藤枝順心は1回戦で神村学園高校(九州1)に1-0の勝利を収めると、広島文教女子大附属高校(開催地)、4連覇中の日ノ本学園高校(近畿1)を下して初の決勝に駒を進めた。一方の岡山県作陽は、鎮西学院高校(九州2)、星槎国際高校湘南(関東1)、十文字高校(関東3)に勝利し、こちらも初の決勝進出。

 拮抗した展開が続く中、先制したのは藤枝順心。0-0で迎えた55分、主将の福田ゆいが直接FKを狙い、相手GKのミスを誘う。こぼれ球を途中出場の上田桃がヘディングで押し込み、藤枝順心が1点をリード。対する岡山県作陽は相手の堅守に阻まれ、後半はシュートを放つことができず。

 試合はそのまま終了し、藤枝順心が1-0で勝利。インターハイ初優勝を成し遂げた。

【スコア】
藤枝順心高校(東海1) 1-0 岡山県作陽高校(中国)

【得点者】
1-0 55分  上田桃(藤枝順心)

SOCCER KING

最終更新:8月2日(火)13時3分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。