ここから本文です

バルサ第4のFWは“ネイマール2世”?…ブラジルの新星にオファーへ

SOCCER KING 8月2日(火)12時30分配信

 バルセロナが、サントスに所属するリオデジャネイロ・オリンピックブラジル代表FWガブリエウ・バルボーザの獲得に向けて、2000万ユーロ(約22億9000万円)のオファーを準備している模様だ。スペイン紙『マルカ』が1日に報じている。

 同紙によると、バルセロナのルイス・エンリケ監督が、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表FWネイマールからなる“MSN”の控え役として、ガブリエウの獲得を画策しているという。

 現在19歳のガブリエウは2015年のコパ・ド・ブラジウで得点王に輝き、ネイマールになぞらえて“ガビゴル”と呼ばれる左利きのストライカー。サントスの下部組織出身であることや、プレースタイルが似ていることから“ネイマール2世”と称される。リオデジャネイロ・オリンピックのブラジル代表メンバーにも選ばれ、7月30日に行われた日本代表との国際親善試合で先制ゴールを挙げている。

 ガブリエウについては、バルセロナのほかにユヴェントスやナポリ、インテル、マンチェスター・Cが獲得に動いている模様。7月25日付のブラジルメディア『グローボ』によれば、ユヴェントスがサントス側と移籍合意に達したとも伝えられているが、バルセロナは獲得を成立させるため、現地にスタッフを派遣すると予想されている。

SOCCER KING

最終更新:8月2日(火)12時30分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]