ここから本文です

ヴォルフス、シュールレ移籍のドルトからブワシュチコフスキを獲得

SOCCER KING 8月2日(火)13時40分配信

 ヴォルフスブルクは1日、ドルトムントからポーランド代表MFヤクブ・ブワシュチコフスキを獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。ドルトムントでは“クバ”の愛称で親しまれた同選手は、移籍金500万ユーロ(約5億7000万円)、3年契約で加入するという。ドイツ誌『kicker』日本語版が伝えた。

 ドルトムントで2度のブンデスリーガ優勝と、DFBポカール制覇を経験したブワシュチコフスキは「ヴォルフスブルクでできるだけ多くのタイトルを獲得したい。できるだけ上のほうで争いたいね」と意気込んだ。

 その一方で、ヴォルフスブルクは今シーズンの欧州大会に出場しないが、「国際舞台に立つことも重要だけど、これからチームを良くしていくというのもいいものさ。ヴォルフスブルクは大きな目標をもっていて、だから僕は移籍を決断したんだよ」と述べた。

 また、新天地ではそのメンタリティと経験を活かし、リーダーシップをとることも期待されており、ディーター・ヘッキング監督は「経験豊富な選手というのは重要だよ。それにまだ30歳。老け込む歳でもないしね。彼はタイトル獲得を目指すということの意味を知った選手だ」と評価。

 マネージャーのクラウス・アロフス氏も「これまでヤクブにはやられてきた。その彼がもつ経験とクオリティを加えることができる」と喜びを示している。

 なお、ヴォルフスブルクは今夏、昨シーズンの公式戦41試合に出場し12ゴールを挙げていたドイツ代表MFアンドレ・シュールレがドルトムントに移籍していた。

SOCCER KING

最終更新:8月2日(火)13時40分

SOCCER KING