ここから本文です

鈴木魁人が2得点、清水が神戸を下す…決勝はFC東京とのプレミアEAST勢対決に/クラブユース選手権

SOCCER KING 8月2日(火)21時16分配信

 2日、第40回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会準決勝が行われ、ヴィッセル神戸U-18と清水エスパルスユースが対戦した。

 立ち上がりは神戸が3トップの右に入った向井章人を中心にチャンスを作るも、清水が一瞬の隙を突いて先制に成功する。22分、左サイドからのクロスをゴール手前で滝裕太が流し込んだ。神戸の反撃は27分、CKの二次攻撃から安井拓也がクロスを上げると、中央で佐々木大樹が合わせてゴール左隅に沈める。1-1の同点で前半を折り返した。

 後半は一進一退の攻防が続く中、神戸がセットプレーやロングスローからチャンスを演出する。69分、佐藤昴の左CKにニアで堂鼻起暉が合わせるも、シュートはわずかに枠の右へ。71分にはペナルティーエリア内で縦パスを受けた向井がターンしてシュートを放つも、相手DFに防がれる。清水の好機は81分、右サイドの敵陣深くに進入した望月陸がクロスを送り、中央で佐々木魁人がフリーの状態でヘディングシュートを放つも、ミートせずに枠の上へ。このまま両チームに得点は生まれず、延長戦に突入した。

 延長戦開始直後の92分、清水が勝ち越しゴールをマークする。右サイドを突破した吉田峻のクロスに鈴木が頭で合わせた。その後は神戸に押し込まれたが、DF陣が高い集中力を見せて体を張り、ゴールを許さない。106分にはゴール前の混戦の中、鈴木がこぼれ球を押し込んでこの日2点目をマーク。このまま試合は終了し、3-1で清水が勝利を収めた。

 なお、清水は4日に行われる決勝でFC東京U-18と対戦する。

【スコア】
神戸U-18 1-3 清水ユース

【得点者】
22分 0-1 滝裕太(清水)
27分 1-1 佐々木大樹(神戸)
92分 1-2 鈴木魁人(清水)
106分 1-3 鈴木魁人(清水)

SOCCER KING

最終更新:8月2日(火)21時16分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]