ここから本文です

ボアテング、7クラブ目の新天地はラス・パルマスに決定…リーガ初挑戦

SOCCER KING 8月2日(火)16時32分配信

 ラス・パルマスは8月1日、元ガーナ代表MFケヴィン・プリンス・ボアテングと1年間の契約を結ぶことで合意したとクラブ公式サイトで発表した。

 現在29歳のボアテングは、ヘルタ・ベルリンでプロデビューを果たすと、トッテナム、ドルトムント、ポーツマスと様々なクラブを渡り歩き、2010年にミランへ移籍。2012-13シーズンは背番号「10」を背負ってプレーした。その後、2013年にシャルケへ加入したが2年目には構想外となり、2016年1月にミランへ復帰。セリエAで11試合に出場したが、契約満了に伴い6月30日をもって退団していた。

 これまでドイツ、イングランド、イタリアの計6クラブでプレーしてきたボアテングは、7クラブ目となるラス・パルマスでリーガ・エスパニョーラに初挑戦する。同選手は2日にクラブを訪れ、メディカルチェックを受けた後、本拠地エスタディオ・グラン・カナリアにて入団発表を行う予定となっている。

SOCCER KING

最終更新:8月2日(火)16時32分

SOCCER KING