ここから本文です

「ポケモンGO」めぐり米で初訴訟か-自宅裏庭へのプレーヤー侵入で

Bloomberg 8月2日(火)13時56分配信

スマートフォンゲーム「ポケモンGO」をプレーしている人がポケモンを捕らえようと自宅の裏庭に侵入しようとしているとして、米ニュージャージー州在住の男性が同ゲームを開発した米ナイアンティックと任天堂を提訴した。全米で配信されているポケモンGOをめぐり両社が訴えられる初の訴訟とみられている。

この男性は、衛星利用測位システム(GPS)を利用したポケモンGOにより両社が迷惑を掛けていると主張。また、ポケモン探しのために所有地に不法侵入された全ての米国人を代表し、集団訴訟の認定を求めている。

カリフォルニア州オークランドの連邦地裁に7月29日提出された訴状は、アラバマ州の墓地やワシントンのホロコースト博物館にポケモンを捕まえようとする人が殺到したことや、先月のゲーム配信開始から数時間以内にマサチューセッツ州の住民が十数回余りの訪問を受けたことにも言及している。

訴状によると、「少なくとも5人が原告のドアをノックして裏庭にポケモンがいると知らせ、ポケモンを『捕獲』するために裏庭に入らせてくれるよう求めた」。「被告は敷地所有者の許可を求めずに現実世界にバーチャルのポケモンを存在させることで予想される結末を著しく無視した」と訴えている。

ナイアンティックに電子メールで訴訟についてコメントを求めたが、今のところ回答はない。任天堂の広報担当、皆川恭広氏はコメントを控えた。

原題:Pokemon Goes to Court in Backyard Monster Trespassing Case (2)(抜粋)

Kartikay Mehrotra

最終更新:8月2日(火)13時56分

Bloomberg