ここから本文です

日本電産:モータ-、発電機事業を米社から買収、過去最大規模

Bloomberg 8月2日(火)16時7分配信

日本電産は2日、米電気・電子機器メーカー、エマソン・エレクトリックのモーター・ドライブ事業と発電機事業を12億ドル(約1200億円)で買収する契約を結んだと発表した。

発表によると、年内の買収完了を予定している。買収により欧州や北米で事業基盤を拡充するほか、既存事業と組み合わせて顧客提案力を強化する。

買収事業は2015年9月期に売上高16億7400万ドル、EBITDA(利払い・税金・減価償却・償却控除前利益)1億7500万ドルを上げた。日本電産は20年度に売上高2兆円を目指しており、買収は成長戦略の一つ。16年3月期の連結売上高は1兆1800億円だった。

永守重信会長兼社長は同日夕の記者会見で、今回の買収が同社にとって過去最大規模だと述べた。その上で「この分野で世界ナンバーワンのシェアを取らないといけない」とし、「今3社ほど交渉している会社がある」ことを明らかにした。買収資金に関しては、新株発行などのエクイティファイナンスはしないと述べた。

関係者2人が匿名で語ったところでは、中国の中山大洋電機と臥龍電気集団もエマソンの事業に関心を示していた。

第4段落に永守会長の発言を追加しました.

Takako Taniguchi, Takashi Amano

最終更新:8月2日(火)19時36分

Bloomberg