ここから本文です

マンU、元ドイツ代表主将に厳しい通達…シュバイニーをU-23チームへ追放

ゲキサカ 8月2日(火)12時23分配信

 マンチェスター・ユナイテッドのMFバスティアン・シュバインシュタイガー(32)は、同クラブのU-23チームでプレーすることを命じられたようだ。英『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。

 昨夏バイエルンからユナイテッドに加入したシュバインシュタイガーは、負傷に苦しみ、プレミアリーグの出場は18試合にとどまった。すでに中盤に多くの選手を抱え、ユベントスからMFポール・ポグバを獲得しようとしているユナイテッドは、9選手に戦力外通告を言い渡したとされ、その中に元ドイツ代表主将のシュバインシュタイガーも含まれていたという。

 先日、ユナイテッドのオフィシャルTV『MUTV』でジョゼ・モウリーニョ監督は「私の構想に入っていない選手は、1分たりともプレシーズンでプレーすることはないだろう」と語り、クラブもシュバインシュタイガー売却の意思を明確に示している。さらに同紙によると、移籍に向けた調整の場としてU-23のチームに加わるように命じた模様。そこで練習する姿も確認されている。

 シュバインシュタイガーについては、ミランとインテルが関心を示しているとされている。しかし、シュバインシュタイガーは現在、週給20万ポンド(約2700万円)を受け取っており、大幅な減給を認めたうえでの移籍となれるようだ。

最終更新:8月2日(火)12時25分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合