ここから本文です

「次世代に明るい未来を…」ミラン本田、起業家・ベンチャー企業に賞金5000万円を全額投資

ゲキサカ 8月2日(火)13時14分配信

 ミランの日本代表MF本田圭佑が、自身のインスタグラム(@keisukehonda_official)を通じ、『ファーストペンギン賞』受賞の賞金として贈られた5000万円を、積極的に新規事業に乗り出す起業家やベンチャー企業に全額投資する考えを表明した。

 本田は今月5日に『デジタルガレージ ファーストペンギンアワード』の授賞式に出席。初代受賞者として表彰を受け、トロフィーのほか、副賞として賞金5000万円、四代徳田八十吉の水差しが授与された。

『ファーストペンギン』とは、群れの中から一番最初に海に飛び込む勇気を持ったペンギンのことを指し、常に時代の最先端を進むデジタルガレージがファーストペンギンスピリットの体現者を表彰する『ファーストペンギンアワード』を設立。その初代受賞者として、全国各地でサッカースクールを開校し、オーストリア2部に昇格したSVホルンの実質的なオーナーも務める本田が選出された。

 表彰式の際、「意味のある形で使いたい」と語っていた本田は、自身のインスタグラムを通じて「これからそのお金をエンジェル投資家としてスタートアップやベンチャー企業に全額投資していきます」と使い道を説明した。

「1つの答えとして、ファーストペンギンに成る可能性のある賢くて勇敢なスタートアップやベンチャー企業の起業家達に投資をしようと勝手ながら決めさせて頂きました。先ずは10社くらいに投資していこうと考えてます」

 また、最後に本田は「今回の賞金に限らず今後もKSK Angel Fundを通して次世代に少しでもより平和で明るい未来を残せるようにエンジェル投資家として可能な限り投資し続けていこうと考えています。行動あるのみ」と綴った。

最終更新:8月2日(火)13時14分

ゲキサカ