ここから本文です

アルゼンチン代表の新監督がついに決定! 南米王者2度経験のバウサ監督を招聘

ゲキサカ 8月2日(火)17時59分配信

 アルゼンチンサッカー協会(AFA)は1日、同国代表の新指揮官としてサンパウロのエドガルド・バウサ監督(58)を迎えることを発表した。クラブからも同日、公式サイトで退任が発表されている。

 アルゼンチンは今夏のコパ・アメリカで前回大会に続いて準優勝に終わり、大会後にはヘラルド・マルティーノ監督が辞任。後任候補としてマルセロ・ビエルサ氏やトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督、セビージャのホルヘ・サンパオリ監督などの名前も挙がっていたが、なかなか新体制発足までこぎ着けることができずにいた。

 バウサ監督は2008年にリガ・デ・キト(エクアドル)、2014年にはサンロレンソ(アルゼンチン)を率い、リベルタドーレス杯優勝を経験。代表監督への就任はキャリア初となる。

最終更新:8月2日(火)18時1分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]