ここから本文です

リバプール、19歳オショの同点弾も…ローマがジェコ&サラー弾で競り勝つ

ゲキサカ 8月2日(火)19時13分配信

[8.1 PSM リバプール1-2ローマ]

 リバプールとローマは1日にプレシーズンマッチを行い、2-1でローマが競り勝った。

 ローマは前半11分、FWエディン・ジェコに抜け出して鋭い切り返しで相手DFをかわして左足を振り抜く。きわどいシュートをゴール左に外すと、リバプールも同15分、横パスからワントラップで裏に抜け出したFWダニエル・スターリッジが右足でチップキックを放つも、飛び出したGKアリソン・ベッカーに止められ、お互いに決定機を決めきれないでいた。

 それでも均衡を破ったのはローマだった。前半29分、右サイドから斜めのフィードをペナルティーアークで受けたジェコが左足一閃。鋭いシュートをゴール右隅に突き刺し、ローマが先制に成功した。

 このまま前半をローマリードで終えるかと思われたが、リバプールが前半終了間際に追いつく。前半45分、MFジェームス・ミルナーの左CKからファーサイドのDFデヤン・ロブレンがヘッドで中央に折り返し、MFシェイ・オジョが頭で押し込んで、試合を振り出しに戻した。

 同点に追いついたリバプールは後半、新戦力MFジョルジニオ・ワイナルドゥムを除く10人を入れ替えて、MFコウチーニョやMFアダム・ララナ、FWダニー・イングスらをピッチに送り出す。対してローマは、前半と同じ11人を送り出した。

 決勝点は、後半18分に生まれる。ローマはMFレアンドロ・パレデスのサイドチェンジを受けたMFアレッサンドロ・フロレンツィが相手をかわして左足でクロスを供給。ジェコの打点の高いヘッドはGKに弾かれたが、FWモハメド・サラーが左足で押し込み、2-1。ローマがプレミアリーグの強豪に競り勝った。

最終更新:8月2日(火)19時13分

ゲキサカ