ここから本文です

バックでドリフトはかなり難しい? いかにもアメリカンな面白映像をご覧あれ!

carview! 8月2日(火)11時23分配信

ピックアップやトラックでのレースなど、どんなジャンルでもエンターテインメントにしてしまうアメリカだが、何とバックでのドリフト走行を競うイベントも存在する。

【写真をもっと見る(5枚)】

こちらはナスカ―も開催されるビーチ・リッジ・モーター・スピードウェイで、その名も「Day Of Destruction」と名付けられたイベントの中で行われるプログラム。4~5台のクルマが一列に並び一斉にバックでスタートし、コーナーをドリフト状態で走行する、という競技のようだが車種もスポーツカーからクーペ、セダンのほか、ピックアップトラックやミニバンまで何でもアリ状態。

気になるドリフトはどうかといえば、ほとんどのクルマがただバックで走行しているだけで、ドリフト状態を維持して走れている参加者は皆無。まあイベントそのものに「破壊」と付いているだけあって、ただクルマをぶつけ合って楽しんでいるようでもあるのだが……。

とはいえ、こんなクルマ遊びができること自体、アメリカの自動車文化のちょっと羨ましい部分でもあるだろう。

株式会社カービュー

最終更新:8月2日(火)11時23分

carview!