ここから本文です

グレンツェントなど、レパードS厩舎情報/美浦トレセンニュース

netkeiba.com 8月3日(水)16時6分配信

 3歳馬のダート重賞、レパードS(GIII・ダ1800m)に美浦から出走予定の各馬について、追い切り後の各調教師のコメント。

■加藤征弘厩舎からはグレンツェント(牡3)とフォースリッチ(牡3)の2頭出し。両馬について、加藤調教師。
「グレンツェントの前走(ユニコーンS・GIII・3着)は、ペースも速かったですし、テン乗りということもあって前半慎重に乗って、やや後ろの位置取りになりました。その分最後は届かなかったのではないかと思います。前走後はノーザンファーム天栄に2週間放牧に出して、戻ってきて先週、今週と追い切りを順調に消化しています。先週の時計は速くはなかったですが、重い馬場で負荷をかけられました。

 今日(8/3)は戸崎騎手が騎乗して、3頭併せの真ん中に入れて追い切りました。いつも派手な動きをするタイプではないのですが、この馬として動いていたと思います。直線で3頭で併せた時に少し耳を絞るような気難しい面を見せていたので、そのあたりに注意してレースに乗りたいと戸崎騎手は言っていました。

 先週しっかりやった分、今日は上がってきてもケロッとしていましたし、調子は良いです。新潟のダートコースは前残りですが、2走前も先行できていますし、そこはジョッキーに任せます。今回は追走も楽になると思いますし、それなりの位置取りでレースをできればと思います。

 フォースリッチは、500万クラスの古馬と戦うよりは、3歳馬同士の方が楽だと思いましたので、このレースを選択しました。前走(三陸特別・500万下・8着)は休み明けでしたので、あの結果も仕方ないですし、1回使って上向いているので今回は動けるでしょう。福島の小回りよりは、新潟の1800mの方がレースがしやすいと思います」

■マイネルバサラ(牡3・美浦・松山将樹)について、松山調教師。
「前走(ユニコーンS・9着)はポンとゲートも出ましたので、ジョッキーもハナに行って勝負に出たと思いますが、最後は現状での力の差が出たように思います。横手特別(7/24)を目標に調整していましたので、除外の影響があるかなと心配しましたが、この中間も涼しくて思ったよりも調整しやすく、レースが延びた影響はなさそうです。

 今回は一度も対戦したことのない馬もいて、比較が難しい面もありますね。逃げたい馬もいるようなので、その馬を前に行かせてそれを見ながらレースができればと思います。今週は輸送もありますし、単走でサーッとやりましたが、動きも良かったです。東京コースより平坦の新潟の方が、この馬には良いでしょう」

■オーシャンビュー(牡3・美浦・伊藤伸一)について、伊藤調教師。
「先週ジョッキーが乗って大丈夫という話だったので、今週は単走でサラッとやりました。フットワークも良かったです。多少行きたがる面はありますけど我慢ができて折り合いもつきますし、初めての1800mもこなしてくれるでしょう。終始外々を回る競馬で距離を走ってしまうきつい競馬になりがちですが、先行力もついてきたと思いますし、今回は上手に走ってきてほしいです。地味ですけど、いつも最後は伸びてきていますし、一生懸命走る乗りやすい馬だと思います」

■エネスク(牡3・美浦・和田雄二)について、和田調教師。
「休み明けを1度使って、だいぶピリッとしてきました。今回多分ハナに行くと思いますが、前に行ければもう少し粘りも違ってくるでしょう。祖母にロジータがいる血統ですし、まだこれから良くなる馬だと思います」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:8月3日(水)16時6分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ