ここから本文です

メル・ギブソンとショーン・ペンが新作で共演

ぴあ映画生活 8月3日(水)10時21分配信

メル・ギブソンとショーン・ペンが、『The Professor and The Mad Man』で共演することになった。ギブソンが演じるのはタイトルにある教授のほうで、ペンの役は狂った男のほうだ。

その他の情報

映画は、1857年にオックスフォード英語辞典が作成され始めた時の実話を描くもの。大学教授ジェームズ・マーレー(ギブソン)のほかに、狂人と思われて精神病棟に入れられていたウィリアム・チェスター・マイナー博士(ペン)も、大きな貢献をした。

ギブソンは原作本の映画化権を20年ほど前に取得しており、今作ではプロデューサーも兼任する。監督は、ギブソンの『アポカリプト』でギブソンと脚本を共同執筆したファラド・サフィニア。撮影は10月にスタートする。

ギブソンの最新作は、この秋北米公開予定の監督作『Hacksaw Ridge』。第二次大戦を舞台にしたアクションドラマで、アンドリュー・ガーフィールドらが出演する。ペンの最新作は、カンヌ映画祭で上映された監督作『The Last Face』。

文:猿渡由紀

最終更新:8月3日(水)10時21分

ぴあ映画生活

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。