ここから本文です

藤田ニコルが歌手デビュー「もう何が本業かわからない」

リアルライブ 8月3日(水)11時5分配信

 モデルでタレントの藤田ニコルが2日、都内でデビューシングル「Bye Bye」(ソニー・ミュージック)の発売記念お披露目イベントを行い、集まったファンを前に同曲やカップリング曲の「E.E.O!」を披露した。藤田はステージを終えると、報道陣の取材に応え、多忙な中の歌手デビューに「もう最近何が本業かわからないです!」と笑顔で感想を述べた。

 人前で歌を歌うこと自体が初めてとあって緊張の面持ちで登壇した藤田。「しゃべるのは得意なんですけど、歌は…。歌手とかやばくないですか?歌なんて想像もしていなかったから大丈夫かなって。人生一番緊張しているかも」と不安げな表情。

 それでも元気一杯のステージで観客を魅了すると、「やばいよ! 震えが止まらない! こういう“にこるん”(藤田の愛称)見たことないよね。一箇所間違えた。でもみんな盛り上がってくれて嬉しかったです」と満面の笑み。

 本業であるモデルやタレントの仕事の合間に歌やダンスの練習をしていたといい、「歌歌う人って大変。100点中60点くらいですかね」とこの日のステージを評価しつつ、「まだわたしはできる。もっとのびる。リリースイベントがたくさんあるんですけど成長していけたらなって」と今後の歌手業に意欲。

 歌手デビューには元カレもびっくりしていたといい、シングル曲についても「わたしの実体験を入れ込んだ曲。自分のリアルを随所に入れました」と紹介。目標を聞かれると「年末までは突っ走りたい。まだ消えたくない。紅白のオファーが来たら出たい! 赤とか白とかじゃなく桃組でやりたい!」と嬉しそうに夢を語っていた。

(取材・文:名鹿祥史)

最終更新:8月3日(水)11時21分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。