ここから本文です

Netflix「チェルシー」「レディー・ダイナマイト」「FLAKED」など第2シーズン決定

シネマトゥデイ 8月3日(水)0時10分配信

 Netflixがトークショー「チェルシー」、テレビドラマ「レディー・ダイナマイト」「リアル・ロブ(原題)/ Real Rob」を更新したことをテレビ批評家協会(TCA)の夏のプレスツアーで発表した。

【写真】ウィル・アーネット出演!『ミュータント・タートルズ』

 辛口トークで知られるチェルシー・ハンドラーによるトークショーの第2シーズンは90エピソードが製作されるとのこと。今後はよりグローバルな内容にするため、チェルシーが海外を訪問している様子をもっと盛り込んでいくと言い、旅先には日本も含まれているようだ。

 マリア・バンフォードの自伝的コメディー「レディー・ダイナマイト」とロブ・シュナイダーの自伝的コメディー「リアル・ロブ(原題)」は2017年に第2シーズンが放送されるそう。「リアル・ロブ(原題)」の新シーズンは8エピソードになるらしいが、「レディー・ダイナイマイト」のエピソード数は発表されていない。

 また、ウィル・アーネット主演の「FLAKED フレークド」も第2シーズンが決まったことを番組のFacebookで発表。カリフォルニアのベニスビーチを舞台にした同ドラマは、自身も人生に迷っているアルコール依存症のチップ(ウィル)が、周りの人に人生のアドバイスをしていく日常を描いたコメディーだが、批評家による評判はよくなかっただけに、第2シーズンには驚いている人もいるようだ。(澤田理沙)

最終更新:8月3日(水)0時10分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。