ここから本文です

<ソードアート・オンライン>人気ラノベがハリウッドで実写ドラマ化

まんたんウェブ 8月3日(水)12時22分配信

 シリーズ累計発行部数が1900万部以上を誇る人気ライトノベル「ソードアート・オンライン」(電撃文庫)が米ハリウッドで実写ドラマ化されることが3日、明らかになった。同作の実写化は初めて。

【写真特集】「SAO」ヒロインが可愛い 大胆な水着姿を披露

 「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「ターミネーター:新起動/ジェニシス」(共に2015年)の製作に関わったことで知られる米国のエンターテインメント企業「スカイダンス」がKADOKAWAの協力のもと、原作の全世界実写映像化権を購入した。パイロット版エピソードの脚本家に「アバター」「シャッター アイランド」「ターミネーター:新起動/ジェニシス」などを手がけたレータ・カログリディスさんを迎え、原作にならったストーリーになるという。

 「ソードアート・オンライン」は、川原礫さん作、abecさんイラストのライトノベル。仮想空間への接続機器によってバーチャルリアリティーを実現した近未来を舞台に、さまざまなオンラインゲームを取り巻く事件が描かれている。テレビアニメ第1期が12年7~12月、第2期が14年7~12月に放送された。17年春に劇場版アニメも公開される。

 原作の川原さんは「ハリウッドで実写ドラマ化、しかもあのスカイダンスによって……という思いがけない展開にとても興奮し、また感動しています。映像を見られる日が楽しみで仕方ありません」と喜んでいる。脚本のカログリディスさんは「何年もの間、『ソードアート・オンライン』シリーズの独創的で見事なストーリーテリングにインスパイアされてきました。最先端でありながら時代を問わないストーリーを、スカイダンスで新しいシリーズとして立ち上げられること、また優秀なパートナーたちとともに仕事ができることをうれしく思っています」とコメントしている。

 スカイダンス社では、テレビドラマに続き、スカイダンス・インタラクティブ社で「ソードアート・オンライン」のバーチャルリアリティ体験も企画している。スカイダンス・メディアのデイビッド・エリソンCEOは「スカイダンスでは、世界観を創作するというVRビジネスに取り組んでおり、テレビドラマをはじめ実写展開を計画しています。『ソードアート・オンライン』は、壮大なポップカルチャー現象となることでしょう」と話している。

最終更新:8月3日(水)14時2分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。