ここから本文です

日本通運がアリババグループと業務提携、EMSより安価な配送サービスを提供

ネットショップ担当者フォーラム 8月3日(水)9時6分配信

日本通運はアリババグループと業務提携し、越境ECサイト「T-MALL国際(天猫国際)」出店者への物流サービスの提供を本格的に開始すると8月2日に発表した。日本郵便の国際スピード郵便(EMS)よりも安い価格でサービスを提供、越境ECの促進につなげる。

現在、中国への商品発送はEMSが主流となっている。6月に値上げし、利用の多い500グラム以下で1400円となっている。

日通は、アリババの通販サイトで購入された商品を1000円程度で中国に発送するサービスを始めることで、EMSに対抗する。中国向け通販の商品輸送で5割のシェアをめざす。

中国向け越境EC物流ではヤマトホールディングスが4月に京東商城(JD.com)などと提携、消費者への配送まで一括して受託するサービスを開始している。ANAホールディングスも通関支援から輸送まで請け負う事業を9月に開始する予定。中国向け越境EC物流の選択肢の幅が広がり始めている。

最終更新:8月3日(水)9時6分

ネットショップ担当者フォーラム