ここから本文です

スマホジャック型のアイドルMV、世界が注目したオフィスチェアなど13作品が揃った「コードアワード2016 贈賞式」

Web担当者Forum 8/3(水) 7:06配信

D2Cは7月27日、デジタルマーケティングアワード「コードアワード2016 贈賞式」を都内会場で開催した。2014年に始まったコードアワードは、デジタルを活用したマーケティングコミュニケーション事例を広く募集し、その施策を企画・実施したチームを称えるもの。前身である「モバイル広告大賞」の対象作品を拡大し、今年で3回目を迎える。

贈賞式では、事前に発表されていた受賞12作品の贈賞のほか、ファイナリスト29作品から一般投票によって選ばれる「パブリックベスト」を受賞したメルセデス・ベンツ日本の「Next Stage with You」が発表された。本年度のグランプリは該当無しとなったが、デジタルならではの表現力や体験を生み出した魅力的な作品が贈賞された(受賞作品一覧は参照)。

一般投票で選ばれた「Next Stage with You」は、若年層に向けた新たなマーケティング施策を切り開いた。「Perfume×貞本義行×中田ヤスタカ」といった豪華コラボレーションは、ユーザーが楽しめる体験の提供だけでなく、広告費換算で4億6,000万円相当の露出を獲得、2015年に過去最高の売上台数を達成するなど「車のマーケティングを手のひらの中へと進化させた」と、広告としても高い評価を得た。

新しいメディアの形を創造した施策に贈られるベスト・ユース・オブ・メディアを受賞した「Native Mobile Music Video」は、スマートフォンでの再生を前提にした縦型のMusic Videoとして公開直後から話題を集めた。スマートフォンのカメラやSNSなどを舞台にした映像は、まるでスマートフォンがジャックされたかのような体験を得られる。カンヌライオンズのサイバー部門も受賞。

グッド・イフェクティブおよび審査員特別賞を受賞した「INTELLIGENT PARKING CHAIR」は、日産自動車の自動駐車技術を幅広い層にアピールするために作られた作品だ。オフィスチェアという日常の生活シーンを舞台にしたことで、車や技術に関心がないユーザー層にまでブランドイメージを伝えることに成功した。世界でも話題となり、自動運転・駐車技術といえば日産自動車という企業戦略としても重要なイメージを作り上げた。

1/2ページ

最終更新:8/3(水) 16:16

Web担当者Forum

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]