ここから本文です

日本代表・片山晋呉がブラジルへ出発、112年ぶりの祭典に「楽しみ」

ゴルフ情報ALBA.Net 8月3日(水)15時18分配信

 「リオデジャネイロ五輪」に出場する片山晋呉が8月3日午前、羽田空港からドイツ経由でブラジルへ出発した。「こんなに長く飛行機に乗るのは初めて。でも、飛行機用に本を5冊持ってきた。何かつかめればいいですね」と、過酷な移動も前向きにとらえている。
 

リオ五輪の公式ユニフォームはこちら!

 移動だけではない。「これまでゴルファーがメダルを目指してやってきた例がないから正直、分からないし、なんともいえない」というように、112年ぶりに正式種目として復活したゴルフ競技は、片山に限らず誰もが体験したことのない“未知の世界”だ。あらためて日本代表のことを問われた片山は、次のように答えた。「日本選手団は335人。人口で割ると(五輪に出場できるのは)37万人に一人らしいです。その中の一人なんだから、日本代表としていったほうがいいと知人からいわれた。決意を新たにやってきたい」。

 出場する以上は、もちろん国を代表して全力で戦う構え。「楽しむことはもちろん、精いっぱい自分のゴルフをして、何色でもいいからメダルをかけて戻りたい」。本番が近づくにつれプレッシャーが襲ってくるはずだが、「現地には何を持っていく? キットカットですね。きっと勝つとかけて(笑)。みんなに配りたいですね。また、五輪ではウサイン・ボルトのサインがほしいですね。ほしくないですか? 他の競技も見てみたい。陸上とか」と、リラックスした表情での出発となった。

 リオ五輪のゴルフ競技は男子が現地時間11日、女子が17日に開幕し、男女ともに4日間のストロークプレーで行われる。男子は片山と池田勇太、女子は野村敏京と大山志保が出場する。

(撮影:ALBA)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月3日(水)16時15分

ゴルフ情報ALBA.Net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]