ここから本文です

“和製ハーレイ・クイン”ダレノガレ明美、本家マーゴット・ロビーと対面!

映画.com 8月3日(水)5時0分配信

 [映画.com ニュース] DCコミックスの悪役たちが勢ぞろいするアクション大作「スーサイド・スクワッド」のワールドプレミアが8月1日(現地時間)、米ニューヨークのビーコン・シアターで開催され、デビッド・エアー監督と出演者のウィル・スミス、マーゴット・ロビー、ジャレット・レト、福原かれん、ジョエル・キナマン、ジェイ・コートニー、カーラ・デルビーニュ、ジェイ・ヘルナンデス、アドウェール・アキノエ=アグバエ、アダム・ビーチ、ビオラ・デイビスが勢ぞろいした。また、本作のアンバサダーを務めるモデルのダレノガレ明美が、日本から参加した。

「スーサイド・スクワッド」ワールドプレミアの模様はこちら!

 バットマンたちによって投獄され、死刑や終身刑の判決を言い渡されたビラン(悪役)たちが、減刑と引き換えに政府公認の特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成し、縦横無尽に暴れまわるさまを描く。

 会場には、テレビカメラ50台、スチルカメラ200台、総勢350人の報道陣が世界各国から結集。バットマンの宿敵ジョーカー(レト)に心酔し、ビランになった元精神科医ハーレイ・クインを演じたロビーは、女剣士カタナ役の福原から日本語を教わったそうで、ダレノガレに対し「こんにちは、マーゴット・ロビーです」と日本語で挨拶。和製ハーレイ・クインを意識し、花魁(おいらん)のエッセンスを取り入れたというダレノガレの衣装を称賛すると共に、別れ際も「ありがとう!」と日本語で気持ちを伝えた。

 ロビーの日本語の“師匠”にもなった福原は、「ハリウッドでは日本人が日本人を演じるということはまれなことです。中国人や白人の方が演じたりすることも多いので、今回私が演じられたことは、ありがたいと思っています。(来日は)めちゃめちゃ楽しみにしています!」と8月25日に控える来日に胸を膨らませた。

 初となるレッドカーペットを歩いた感想を「震えが止まりませんでした」と振り返ったダレノガレは、「ハーレイ・クインはぶっ飛んでるんですけど、キュートさもある。(本作は)ドキドキ感もあって、女性はこういう一途さもあるんだって思える。好きな人に対する一途さがすごく見える素敵な映画だなので、ぜひ日本のファンにも見てもらいたいです」と思いを語った。

 「スーサイド・スクワッド」は、9月10日から全国公開。

最終更新:8月3日(水)5時0分

映画.com