ここから本文です

【リオ五輪】五輪ゴルフコースにフクロウの巣

東スポWeb 8月3日(水)6時0分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ1日(日本時間2日)発】リオデジャネイロ五輪で112年ぶりに競技に復活するゴルフのコースに本紙記者が“潜入”。そのトホホ…な現状を緊急リポートする!

 ゴルフが開催されるレセルバ・マラペンディGC(男子7128ヤード、女子6245ヤード=パー71)はリオ市西部バーラ地区にあり、海沿いにつくられたリンクスタイプのコースだ。

 先に行われる男子の初日(11日)まで約10日、本紙取材班が会場を訪れるとスコアを表示する電光掲示板などの設置が急ピッチで行われていた。

 そんななか、9番グリーン付近のバンカーをのぞき込むと、砂の中にフクロウが巣をつくって生活しているというまさかの光景…。ちなみにブラジルには「ブラジルアナホリフクロウ」と呼ばれる種類が生息。フクロウにしては珍しく昼行性で地面に掘った穴をすみかにしている。

 整備が行き届いたコースでプレーすることが多い日本人選手はもちろん、欧米のプレーヤーにとっても決して見慣れた景色ではないはずだ。モグラなど穴掘り動物がつくった穴からは無罰で救済が受けられるが、その他の動物(犬など)がつくった穴は救済の対象外。鳥の巣がどちらの扱いとなるのかは、微妙な判断となりそうだ。

 ジカ熱の流行で心配された蚊はコースにはほぼいない様子。大会の広報スタッフとして現地入りしている米国人のリチャード・シーナーさん(63)は「ここに来て1週間以上たつけど、蚊は見ていない」。南半球のブラジルは冬。ゴルフ場以外でも蚊を目にすることはほとんどない。

 一方、コースとしての特徴はやはり海からの風。「風向きは私が来てから、毎日同じで南東から。スタートの1番がフォローで、9、18番はアゲンストだ」(シーナーさん)。午後には体を押されるような強い風が吹き続けていた。

 さらに特徴的なのは整備されたティーボックスがないこと。うねったフェアウエーの一部がそのままティーグラウンドとなる。ティーグラウンドの目印付近でも5度程度の傾斜は当たり前。ティーショットは平らな場所から打てるという日本の常識は通用しない。

 コースの整備は順調に見えるが、松山英樹(24=LEXUS)ら男子のトップの多くが出場を辞退した五輪はどれだけの盛り上がりを見せるか?

最終更新:8月3日(水)7時2分

東スポWeb