ここから本文です

台湾、外国人によるウーバーへの投資許可取り消しへ 早ければ来週にも

中央社フォーカス台湾 8月3日(水)12時19分配信

(台北 3日 中央社)経済部(経済省)投資審議委員会は2日、タクシー配車アプリ「ウーバー」について、早ければ来週中にも外国人による投資許可を取り消す方針を明かした。認可を取得せずに運送業を経営していることなどが理由としている。

ウーバーは2013年に台湾に進出した。資本金は100万台湾元(約320万円)。安価な運賃と手軽さが受け、各地でサービスが拡大しているが、登記上は情報通信業で事実上の「白タク行為」。タクシー業界などから抗議の声が上がっている。

ただ、投資許可の取り消しが決まった場合でも、ウーバー側は行政訴訟を起こすことが可能とされている。

(黄巧ブン/編集:齊藤啓介)

最終更新:8月3日(水)12時19分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。