ここから本文です

<ゴジラ>動員数1億人を突破 邦画実写シリーズ初

まんたんウェブ 8月3日(水)14時31分配信

 国内ゴジラシリーズ29作目「シン・ゴジラ」(庵野秀明総監督・脚本、樋口真嗣監督・特技監督、7月29日公開)が、8月1日までの公開4日間で観客動員71万人、興行収入10億円を突破。これによって、1954年に公開された怪獣映画「ゴジラ」から新作「シン・ゴジラ」まで、国内で製作された29作品の「ゴジラシリーズ」の動員数が、累計で1億人を突破したことが3日、明らかになった。邦画実写シリーズで動員1億人突破は史上初となる。

【写真特集】これがシン・ゴジラだ! 戦う長谷川博己、竹野内豊、石原さとみの姿も

 ゴジラシリーズは大別すると、第1期「昭和ゴジラシリーズ」(1954~75年)、第2期「平成ゴジラシリーズ」(1984~95年)、第3期「ミレニアムゴジラシリーズ」(1999~2004年)に分けられ、作品や時代によってキャラクター設定やデザインが異なる。

 最新作「シン・ゴジラ」は、「ゴジラ FINAL WARS」(04年)以来、日本で12年ぶりに製作された最新作で、「ゴジラ」シリーズでは1954年の「ゴジラ」以降初めて、「ゴジラが初めて現れた世界」を描いた作品になっている。人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野さんが脚本・編集と総監督、「進撃の巨人」の樋口さんが監督を務めた。長谷川博己さん、竹野内豊さん、石原さとみさんのほか高良健吾さん、ピエール瀧さん、大杉漣さん、柄本明さんら総勢300人以上のキャストが出演し、ゴジラの動きを狂言師の野村萬斎さんがモーションキャプチャーで担当したことも話題になっている。

 山内章弘エグゼクティブプロデューサーは「『シン・ゴジラ』のコンセプトは『ニッポン対ゴジラ』ですが、今回、シリーズ動員1億人突破という記録を打ち立てられたのは、日本国民皆さんにゴジラを愛していただいた、まさに『ニッポン愛ゴジラ』のたまものです。本当にありがとうございました。1954年に誕生した初代『ゴジラ』の精神を受け継ぎ、進化した今回の『シン・ゴジラ』も、今までの作品同様、50年、100年と皆さんに愛していただければ、こんなにうれしいことはありません」とコメントしている。

最終更新:8月3日(水)14時40分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。