ここから本文です

オートバックスセブン、営業利益81%減…タイヤ・ホイール販売低迷 4-6月期決算

レスポンス 8月3日(水)8時0分配信

オートバックスセブンが発表した2016年4~6月期(第1四半期)の連結決算は、売上高が前年同期比3.1%減の475億4900万円と減収となった。

日本国内のオートバックスチェン(フランチャイズチェン加盟法人店舗を含む)の全業態の売上高は、同5.2%の減少、全店で同3.6%の減少となった。

軽自動車の販売不振の影響を受け、車内用のアクセサリー類やカーナビゲーションの売上が減少した。前年度スタッドレスタイヤの販売が不振だったこともあり、ノーマルタイヤへの履き替え需要も低迷した。

車検・整備は、車検実施台数が同4.5%減の13万6000台と低調だった。車買取・販売では、中古車販売業者向けが伸びて同2.6%増の5900台だった。

海外事業は、同時多発テロの影響でフランスが不振だった。

収益では、国内オートバックスチェン店舗の減収や、タイヤ・ホイール、アクセサリーなど卸売の減少、タイヤ販売数量減による粗利率低下のほか、海外子会社が赤字となったことなどから営業利益は同81.4%減の1億8000万円と大幅減収となった。経常利益は同59.2%減の5億円3900万円だった。

四半期純利益は同63.9%減の2億10000万円だった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月3日(水)8時0分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]