ここから本文です

台湾初の2階建てバス、車体まもなく完成 早ければ年末にも運行へ

中央社フォーカス台湾 8/3(水) 12:47配信

(台北 3日 中央社)高雄市交通局は観光振興のために2階建てオープントップバスの運行を計画している。製造中の車体はまもなく完成する見込みで、市では年末の営業開始を目指している。

バスは1階に10席、2階に44席を設置。観光名所が点在する同市の臨海部を走る。

車内にはガイドを配置するほか、沿線を案内する専用端末も用意する予定。外国人観光客への配慮もされる。

全区間を利用した場合の所要時間は約40分。1枚300台湾元(約950円)の1日乗車券を販売するとしている。

(王淑芬/編集:齊藤啓介)

最終更新:8/3(水) 12:47

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。