ここから本文です

<樋口真嗣監督>「シン・ゴジラ」の好反応にホクホク顔 「見終わったあとに語りたい感じ」

まんたんウェブ 8月3日(水)14時50分配信

 怪獣映画「ゴジラ」の新作「シン・ゴジラ」を手がけた樋口真嗣監督が3日、東京都内で行われたプレイステーション(PS)4用ヘッドマウントディスプレー(HMD)「プレイステーション(PS)VR」向けコンテンツ「『シン・ゴジラ』スペシャルデモコンテンツ for PlayStation VR」の先行特別体験会に登場。樋口監督は公開後の映画の反響について「知り合いとかみんな、見終わったあとに語りたい感じで、『飲もう』みたいな……」と明かすと、「それで飲まずにずっとゴジラのことを語るんですけど、みんなが初めて見た新鮮さが僕らにはない。本当はボクもそっち側、見る側に回りたかった」とホクホク顔で語っていた。

【写真特集】ゴジラがVRに! 樋口監督も体験し大興奮!

 「シン・ゴジラ」は、「ゴジラ」シリーズの約12年ぶりとなる日本版新作。人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明監督が総監督を務め、脚本も担当。「進撃の巨人」の樋口監督が特技監督も兼任した。フルCGで新たに生まれ変わったゴジラの体長は118.5メートルで、これまで最大とされたハリウッド版「GODZILLA」(2014年、ギャレス・エドワーズ監督)の108メートルを10メートル上回るサイズも話題になっている。公開初週の土日2日間(7月30、31日)で動員約41万2300人、興行収入約6億2500万円を記録。8月1日までの公開4日間で観客動員約71万人、興行収入10億円を突破するなど好スタートを切っている。

 体験会には東宝の佐藤善宏プロデューサーも出席。佐藤プロデューサーは「我々が脚本を作る段階でよく話し合ったことを感じてくださって、精神性みたいなものも伝わって、広がっているのがうれしい」と満足そうな表情を浮かべた。

 「『シン・ゴジラ』スペシャルデモコンテンツ for PlayStation VR」は、映画用に製作された3DCGデータを使用し、全長118.5メートルのフルCGゴジラが目の前に迫ってくる……という内容で、10月3日から期間限定で無料配信される。

1/2ページ

最終更新:8月3日(水)15時12分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。