ここから本文です

エミレーツ航空機、胴体着陸で炎上 全員無事

Aviation Wire 8月3日(水)21時8分配信

 現地時間8月3日午後0時45分ごろ(日本時間同日午後5時45分ごろ)、エミレーツ航空(UAE/EK)のインド南部トリバンドラム発ドバイ行きEK521便がドバイ空港で着陸時に炎上した。同社によると、事故に巻き込まれたとしており、胴体着陸した。

 運航機材はボーイング777-300型機(登録番号A6-EMW)で、乗客282人と乗員18人の計300人。エミレーツ航空によると死者はなく、仏AFP通信によると全員が無事だったという。

 EK521便は現地時間午前10時19分(日本時間午後1時19分)にトリバンドラムを出発。ドバイには午後0時50分に到着する予定だった。

 乗客乗員の国籍は、インド226人、イギリス24人、アラブ首長国連邦11人、米国とサウジアラビアが6人ずつ、トルコ5人、アイルランド4人、豪州とブラジル、ドイツ、マレーシア、タイがそれぞれ2人ずつ、クロアチアとエジプト、ボスニア・ヘルツェゴビナ、レバノン、フィリピン、南アフリカ、スイス、チュニジアがそれぞれ1人ずつ。

Yusuke KOHASE

最終更新:8月3日(水)21時13分

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]