ここから本文です

中村勘九郎の“猿飛佐助”ら『真田十勇士』、キメてる場面写真が一挙解禁

cinemacafe.net 8月3日(水)12時41分配信

真田信繁(幸村)が歴史にその名を刻んだ<大坂の陣>から400余年。“真田イヤー”と呼ばれる今年、大ヒット舞台の再演とともに奇才・堤幸彦監督により映画化される『真田十勇士』から、波乱万丈の展開を予見させる本作の場面写真が一挙に解禁となった。

【画像】『真田十勇士』キャスト陣

関ヶ原の戦いから14年。天下統一を目前にした徳川家康(松平健)と、復権を狙う豊臣家の対立が深まっていた戦国の世で、“天下に並ぶ者なし”の名将として、世間から尊敬を集めていた男、真田幸村(加藤雅也)。しかし実はこの幸村、その男前な容貌と、偶発的な幸運の連続によって勝ちを拾ってきただけの、気弱な“腰抜け男”だった! 実像と虚像の違いに悩んでいた幸村はあるとき、猿飛佐助(中村勘九郎)と運命的に出会う。何かドデカいことを成し遂げたいと思っていた佐助は、幸村を担ぎ「本物の天下一の英雄に仕立て上げようじゃないか!」と一念発起。同じく抜け忍の霧隠才蔵(松坂桃李)を筆頭に、ひと癖もふた癖もある十人の男たちを集め、“真田十勇士”を誕生させる。

「豊臣の世を再び」と目論む亡き秀吉の妻・淀殿(大竹しのぶ)に呼び寄せられた幸村と十勇士たちは、またたく間に徳川との最終決戦の最前線に立つことに。こうして、戦国最後にして最大の戦い、徳川対豊臣の<大坂の陣>が幕を開ける! ついに明かされる“真田の謎”、佐助と才蔵を狙うくノ一(女忍者)の火垂(大島優子)との“因縁”、淀殿と幸村の禁断の“秘密”。そして、勝つことなど到底不可能と思える圧倒的に不利な徳川との戦いに、佐助と十勇士が企てた驚愕の“大仕掛け”とは、いったい…!?

本作は、“天下一の名将・真田幸村の伝説は、実は猿飛佐助に仕組まれたものだった!”という大胆な発想を基に、堤監督が壮大な世界観と濃密な人間ドラマを描くエンターテインメント超大作。

主人公・猿飛佐助を演じるのは、“歌舞伎界の若き至宝”中村勘九郎。真田十勇士の中心的存在・佐助をひょうひょうと演じてみせる本作は、勘九郎さんの代表作となること必至。また、容姿端麗で頭も切れ、佐助と共に十勇士を支えていくクールな天才忍者・霧隠才蔵を演じるのは、勘九郎さんとのコンビネーションも抜群な松坂桃李。佐助と才蔵の幼なじみでありながらも、彼らの命を狙う“くノ一”火垂を、本格時代劇初出演となる大島優子が演じている。そのほか十勇士役には、永山絢斗、加藤和樹、高橋光臣、駿河太郎、村井良大、荒井敦史、望月歩、青木健と期待の人気若手俳優が集結していることにも注目だ。

今回解禁された場面写真では、勝利を確信するかのように勇ましく立つ姿や幸村をかばう様に身構える勘九郎さんの主人公・猿飛佐助の姿がある一方で、コミカルな雰囲気が漂う“くノ一”火垂との一騎打ちのシーン、ドヤ顔の佐助を中心にした十勇士たち、クールな佇まいを見せる松坂さんの才蔵、佐助のカッコいいアクションシーンなど、実にさまざま。壮絶な戦乱の世を懸命に生きる人たちを描く心揺さぶるドラマの中に、コミカルな演出がスパイスとなり、よりいっそう十勇士たちの“人”としての魅力を引き立てていくのは、堤監督の演出ならでは。

徳川軍二十万 vs 十勇士の時代を変えた“大逆転”に、ますます期待が高まるシーンばかりとなっている。

『真田十勇士』は9月22日(木・祝)より全国にて公開。

最終更新:8月3日(水)12時41分

cinemacafe.net