ここから本文です

【ベトナム】農業テーマパーク開発へ、北海道企業が協力

NNA 8月3日(水)8時30分配信

 
 ベトナムのインターナショナル・インフラストラクチャー・インドチャイナ(IDI)グループは、約20億円を投じて、中部高原ラムドン省ダラット市に稲作などの農業体験をできるテーマパークを開発する。北海道の企業らが協力し、日本式の安全安心の食品なども販売する。
 テーマパークは敷地約60ヘクタールで2017年に着工し、20年に開業する見込み。宿泊施設も併設する。
 谷口農場(北海道旭川市)とキタバ(同札幌市)、メカトロシステムサービス(同)が協力する。農業生産法人の谷口農場は、IDIが持つ農場に技術指導を提供している。キタバはテーマパークの設計を、メカトロシステムサービスはIDIがラムドン省内に整備する野菜加工工場の機械設備のエンジニアリングで協力する。他にも道内の企業が参画する見通し。

最終更新:8月3日(水)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。